食材栄養成分 な行~

 あ行・か行  さ行・た行  な行~


  な行

-----------------------------------------


菜の花・・・菜の花は、抗酸化作用⇨ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでます、ほうれん草と同じように活性酸素抑制(老化防止)、免疫力の向上、皮膚の健康などに効果があるとされてます+鉄分も多く含んでおり貧血の予防、疲労回復効果に有効とされてます。免疫力向上、疲労回復、皮膚、老化防止、貧血

 ナス・・・ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という作用により、抗酸化作用や脂質を燃焼させる働きがあります。抗酸化作用・・老化防止のというキーワードによく出てくる文言です、動脈硬化の予防、老化防止、消炎作用等の効果があるとされてます

 納豆・・・納豆菌(ナットウキナーゼ)は、血栓の研究をしていた時に発見した酵素で、すぐれた血栓溶解作用があります。つまり血液サラサラにはもってこいの食材ということです。血液ドロドロは、動脈硬化 高血圧 肥満とつながっていきますその抑止につながります。a高血圧,a動脈硬化,a肥満抑制,


 人参・・・ビタミンA⇨カロテン⇨抗酸化作用により老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力の向上、肌の健康維持、発がん抑制作用


ニンニク・・・臭いの素のアリシンには強い抗菌・抗カビ作用や抗酸化作用、食中毒予防、感染症予防、成人病対策などに効果があります。また、アリチアミンという物質はすぐれたスタミナ源となります。更にニンニクに含まれる特殊な成分のスコルジンには、血液循環をよくする作用があります。そして天然の植物中に存在する癌抑制作用がある食品の中でニンニクはトップクラスとなってます(アメリカの国立がん研究所 他グループ)a抗酸化作用-免疫力,a疲労回復,a細菌抑制作用,,a発がん抑制,a動脈硬化,

(にんにくの芽・・・)は本体のニンニクには無い、β-カロテンやビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン類やカルシウムを多く含んでおります。 β-カロテンは体内に吸収されるとビタミンAに変わり、粘膜や皮膚に良い効用が有ります。a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力

(葉ニンニク・・・)は、ビタミンB1の体内吸収をよくする硫化アリルを多く含んでいるほか、カロテン・カリウムを含み、皮膚や粘膜の健康維持を助けます、また抗酸化作用を持つビタミンCも多く含まれています。a冷え性,a疲労回復,a細菌抑制作用,a発がん抑制,


ナメコ・・・ナメコのちょっとしたぬるぬるは胃粘膜の保護、胃炎や胃潰瘍を予防する効能があるとされてます


ニシン・・・ニシンはオレイン酸、イコセン酸という成分を多く含みます。これらの脂肪酸には、悪玉コレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防、高血圧の予防、心疾患の予防などに効果があります。そして血液をサラサラにする多価不飽和脂肪酸(オメガ3系)のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)も含まれています。また、ビタミンDも含んでおりこちらはカルシウムの吸収率を高める効用があり骨や歯を丈夫にするとされてます。a高血圧,a骨粗鬆症,a動脈硬化,

 ニラ・・・ニラはβカロテンが多いのが特徴です。豊富なβカロテンとビタミンCの相乗効果で抗酸化作用、活性酸素の発生(老化の原因)を抑える作用、免疫力向上、感染症の予防、発がん抑制作用などに効能があるとされてます。a抗酸化作用-免疫力,a老化防止,a発がん抑制

ネギ・・・ビタミン・ミネラル類では葉ネギの青い部分に多く含まれてます、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉ネギは白い部分のネギより多く含まれます。ただ、脳の中枢神経機能を正常に保つビタミンB1の吸収を高めると言われている硫化アリルはネギの白い部分に多くふくまれています。血行促進、動脈硬化の予防、血糖値の改善、血栓予防、殺菌作用


野沢菜・・・野沢菜にはビタミンA⇒βカロテン⇒は活性酸素を抑える働きをします。ホウレンソウや小松菜をはじめとした緑黄色野菜同様に皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働き、動脈硬化等の生活習慣病改善、結果的に免疫力アップにつながるとなります


野良坊菜・・・栄養分に関しては、菜の花やアスパラ菜などにはβ-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。とJAさんのサイトに記されてます、
a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力,


海苔・・・海藻 海苔と言えばビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれていることで知られてます。特に食物繊維に関しては、海苔そのものが塊のようなもので海苔の1/3は食物繊維でできています。食物繊維は便秘改善、整腸作用、大腸がんの予防などに効果があると言われてます。

海苔は海水ですのでミネラルとなります。この塩に関しては⇔海水からとれる海塩やヨーロッパに多い岩塩と呼ばれる塩には人間のバランスをっ保つために必要なマグネシウムやカルシュム・・・ミネラル成分が含まれてますが、私の家で食している人工的に作ってる「塩」にはミネラル成分は含まれてません、人工の塩の取り過ぎはミネラルバランスを崩す可能性もあるという先生もおります、


-----------------------------------------

 は行

-----------------------------------------


白菜・・・白菜はビタミン・ミネラルがバランスがよく含まれている野菜です、特にビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを含んでおり免疫力向上、感染症の予防、疲労回復、皮膚に良いとされてます。また、食物繊維により、整腸作用・便秘の改善にもです。a抗酸化作用-免疫力,a整胃腸,a疲労回復,a便秘改善,


 蓮(レンコン)・・・ビタミンC、カリウム、食物繊維が多く、感染症の予防(ビタミンC)は体内の余分なナトリウム(塩分)を尿とともに排泄してくれる(カリウム)ので高血圧の予防。ビタミンCの成分により美肌効果等々が有るとされております。タンニンには止血作用、そして食物繊維は整腸作用があります。a整胃腸,a便秘改善,a高血圧,a皮膚-粘膜-目,



ハタハタ・・・ハタハタに含まれるオレイン酸と言う成分はLDL(悪玉)コレステロールを下げる作用があり、動脈硬化予防、高血圧予防、等に効果があるとされてます。そしてエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)⇨抗血栓作用もあり、血液をサラサラにする役割を果たします。動脈硬化、悪玉コレステロールの低下、高血圧、老化防止。

 春雨・・・春雨は、緑豆やジャガイモやサツマイモから採取したデンプンを原料として作った乾燥食品の事です、春雨にはビタミン的な事は期待できませんが、ミネラル成分(鉄・銅・マグネシウム等)が含まれており、筋肉・骨・歯の働きをつくる大切な役割があります、貧血 骨粗鬆症


はまぐり・・・ハマグリの特徴として貝類には珍しくカルシウムと鉄分が多いことから骨粗しょう症予防、貧血予防改善につながると言われてます。またタウリンという成分も豊富で血圧を正常に保つ作用、血糖低下作用、肝機能の改善、心筋の働きを正常に保つ為の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用があるとされてます。高血圧、動脈硬化、糖尿病、貧血、骨粗鬆症


ピーマン・・・ピーマンはトマトの5倍のビタミンCを含んでる優れものです。 このビタミンCは免疫力向上、美肌効果、抗ストレス作用、動脈硬化の予防などに効用があるとされてます。そしてピラジンと言う成分には血液をサラサラにする効果があます+炒めてもあまり成分が減らないという特徴も有ります。抗酸化作用のあるルチンも含まれるすごい野菜と言えます。a高血圧,aストレス精神安定,a動脈硬化,a抗酸化作用-免疫力,a皮膚-粘膜-目,


パプリカの栄養成分

パプリカはピーマンやトウガラシと同じ「ナス科トウガラシ属」に分類される野菜で、学名も同じで「Capsicum annuum」と記述されます。肉厚のパプリカ、成分量の違いはあるにしても基本的な栄養成分はピーマンと同じと考えて良いとのことです。

ピーマンはトマトの5倍のビタミンCを含んでる優れものです。 このビタミンCは免疫力向上、美肌効果、抗ストレス作用、動脈硬化の予防などに効用があるとされてます。そしてピラジンと言う成分には血液をサラサラにする効果があます+炒めてもあまり成分が減らないという特徴も有ります。抗酸化作用のあるルチンも含まれるすごい野菜と言えます。パプリカは、色素カロテノイド含まれている⇨老化を食い止める抗酸化作用効能があり、美容にうれしい 緑黄色野菜


 ひじき・・・ひじきはカルシウムは牛乳の約14倍あり骨粗鬆症予防。鉄分は、一般的に多いとされるレバーの11倍は貧血の方の改善に役立ちます。そして食物繊維の塊と言っても良いひじきは、余分なコレステロール排出、腸内調整を得意とします。a貧血,a骨粗鬆症,a整胃腸,a動脈硬化,


豚肉・・・豚肉の特徴は、ビタミンB群を豊富に含んでいる事と良質なたんぱく質を含んでいることです。特にビタミンB1が多くB1が不足すると、食欲不振、肩こり、めまい、動悸、ストレス、イライラなどの症状が現れたり、肉体的に疲れやすくなります。良質なタンパク質は、疲労回復、筋肉強化、老化防止などに役立ちます。ビタミンB1はアルコール分解の時に多く消費されるので、酒のみはビタミンB1が飲まない人より減りが速い?って事になります。豚肉は味方ですよ( ´艸`)a疲労回復,a老化防止,a整胃腸,aストレス精神安定,


豚レバー・・・レバーに含まれている成分のヘム鉄と言われる成分は効率よく鉄を摂取することができる作用があり酸素を全身に運ぶ赤血球を作るために欠かせないミネラルです。また、豚レバーは鶏レバー牛レバーよりもたんぱく質や鉄分が多く低脂肪。女性に多く見られる貧血の改善にも効果があると言われてます。また、ビタミンAも程よく含まれており、こちらは目の機能、皮膚や粘膜の働きの健康維持改善に役立ちます。a貧血,a皮膚-粘膜-目,a疲労回復,

豚もつ・・・もつはビタミン類を多く含んでいます。ビタミンB群は疲労回復にビタミンAは皮膚や粘膜を良好にする効果があります。そしてミネラルである鉄分や亜鉛といった必須アミノ酸も多く、貧血予防にもなります。a皮膚-粘膜-目,a貧血,a疲労回復,


 ブリ ハマチ(イナダ含む)・・・良質なタンパク質と脂質が含まれてます。タンパク質は免疫機能を高める事や疲労回復に効果があると言われてます。よく耳にする受験生にはドコサヘキサエン酸ですが、これは血液をサラサラにすることや記憶力の向上や老化防止(アルツハイマー病等予防)改善に有効であるといわれています。これは人間の脳や神経組織に多く存在する細胞で、成分が減ってくると脳神経等に障害が出やすいためと言われてます。a抗酸化作用-免疫力,a老化防止,a高血圧,a動脈硬化,


 ブロッコリー・・・ビタミンCが豊富な野菜の代表と言っても良いくらいの野菜がブロッコリー。βカロテンやビタミンEとの相乗効果で強い抗酸化作用を発揮し、免疫力の向上、感染症の予防、美肌効果などが見込めます。そして食物繊維が多いことから、整腸作用、便秘の改善に役立つと言われてます、a便秘改善,a整胃腸,a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力,


ふき・・・ふきはこれといったビタミン等の特徴ある栄養成分は含んでおらず、ほとんどが水分です。そして低カロリーです、ダイエットや糖質制限の方には嬉しい野菜かもです。特に特徴が無いとは言うものの成分的にはカルシュムが含まれております。カルシュムは骨に関連する栄養素です。


ホッキ貝・・・アミノ酸(アラニン・グリシン)が多く含まれている北寄貝ですが、成分的にはミネラルが多く含まれておりタウリンや、カルシウム・マグネシウムを含んでます。疲労回復や貧血改善、カルシュムからの骨粗鬆症改善にも良いとされております。a疲労回復,a貧血,a骨粗鬆症,


ホッケ・・・ホッケは良質なタンパク質を持つ魚です。良質なたんぱく質は、疲労回復につながる栄養っ成分です。また、干物にはカルシウムが多く含まれ骨粗鬆症予防改善につながります。そしてブリ等に多いエイコサペンタエン酸(EPA)も豊富に含まれており血液をサラサラにし悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあると言われております。a動脈硬化,a高血圧,a骨粗鬆症,


 ホタテ・・・ホタテはアミノ酸とタウリンを豊富に含みます。アミノ酸による良質なタンパク質は疲労回復や滋養強壮作用があり、タウリンはインスリンの分泌促進、悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用があります。そしてミネラルである亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を保つ作用があると言われてます。a高血圧,a糖尿病,a動脈硬化,a疲労回復,


 ほうれん草・・・体に良いよってよく聞きますが、その通りで 豊富なビタミンA(βカロテン)を多く含んでいるほうれん草は、活性酸素の発生を抑える作用により、免疫力アップ、発がん抑止、眼球乾燥の予防、粘膜や肌の健康を保つ効果があります。a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力,aガン抑止,


 ホヤ・・・ホヤはビタミン類は少ないのですがミネラル分を豊富に含んでます。鉄と亜鉛が多く、鉄は貧血予防改善、亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持につながります。またタウリンと言う成分には、インスリンの分泌促進作用があり、血圧を正常に保ったり悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす役割も有ります。貧血の予防改善、動脈硬化の予防a動脈硬化,a貧血,


-----------------------------------------

 ま行

-----------------------------------------


マイタケ・・・舞茸に限らずキノコ類にはβグルカンという成分が含まれてます。この成分は免疫力を上げガンを予防する効果があるとされてます、マイタケがもつβグルカン・MX-フラクションは更に強い抗がん作用があるとされてます。また、βグルカン・MX-フラクションには、血糖値を下げる作用があるとされています。


マグロ全般・・・マグロにはブリなどと同じようにEPAやDHAが含まれており血液をサラサラにし、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧予防に良いとされております。また、マグロには必須アミノ酸のトリプトファンと言う成分が含まれており、精神的な部分の安定や不眠症の改善、それらがひきおこすうつ病の改善などに効果があるとされています。そして普通は捨てる血合いには血中のコレステロールを下げる成分のタウリンが含まれてます。貧血予防改善、ビタミンによる抗酸化作用によって免疫力向上や老化防止につながるとされております。a高血圧,aストレス精神安定,a動脈硬化,a貧血,a老化防止,


 三つ葉・・・あまり主役にはならず脇役的な三つ葉ですが、優れた栄養成分の持ち主です。キーワードが上がってくるのがカリウムとβカロテンというものです。カリウムはナトリウム(塩分)を尿とともに排泄する事から高血圧に効果があるとされてます。そしてホウレンソウや人参でおなじみのβカロテンは体内でビタミンAに変換され皮膚や目の健康維持に大切な成分となります


 ミョウガ・・・みょうがに含まれている成分のカリウムが塩分を体外に排出する働きがあります。体内の水分調整をしてむくみを取ったり、血液をサラサラにしたりする役割をします。高血圧予防 生活習慣病の改善


味噌・・・原料は大豆(麦もありますが)です、とういうことは良質の植物性たんぱく質を多く含んでます。加えて発酵によって、大豆には少ないアミノ酸やビタミンなどが多量に生成されます。

発酵・・・酵素によってたんぱく質はアミノ酸になります。味噌は優れものの食材です・何かが不足すると健康維持に悪影響が出るとされている必須アミノ酸(根本的な筋肉、血液、免疫機能等々)が味噌にはあります。a骨粗鬆症,a皮膚-粘膜-目,


メバル・・・一言で言えば高タンパク・低カロリー食品。炭水化物0の糖質0です。メバルが持つ良質なタンパク質は体力向上、代謝活動の促進、免疫力アップにつながります。栄養成分的にはカルシウムが多く含まれており骨粗しょう症予防に良いとされてます。@体力回復、疲労回復、免疫力向上、骨粗鬆症の予防。
旬の魚2種類の握り ヤリイカとメバル


もずく・・・モズクの成分による効果が期待されるという文言で言うと、とてつもなく幅広いです。そして、モズクほど「ガン抑止 がん予防」とはっきり書いている食材は少ないと思います。いろいろな方が大変難しく書いているので、ここだけは頭の悪い自分がとりあえずわかるように箇条書きで順に書いてみましたが、正式な事は検索等でお調べください。そして、専門的な方の言葉の最後には「ただし、まだ研究の途上である」と書いてあります

  • 成分のアポトーシス(Apoptosis)誘導による抗ガン作用。
  • アポトーシスとは体内の細胞は自分の役目を終えると遺伝子プログラムにより死滅後に新しい細胞と入れ替わる事
  • がん細胞は自滅プログラムが起動せず、がん細胞が分裂・増殖を繰り返す
  • モズクに含まれるフコイダンは、がん細胞による自滅プログラム信号を送り込みます。
  • 細胞のDNAが破壊され死滅
  • それでも自滅プログラムを起こさないがん細胞には、フコイダンがガン細胞の表面に穴をあけ、毒素を出してがんのDNAを破壊する

「ただし、まだ研究の途上である」と書いてあります、糖尿病 免疫力向上、がん予防、、整腸作用、便秘改善


 もやし・・・モヤシは、これと言った強い栄養効果と言われる成分は少ないのですが、豆からくる良質なタンパク質が含まれてます、これは疲労回復効果があるとされてます、またほとんどが水分でできているので便秘の改善にも一役との事です。a整胃腸,a肥満抑制,a便秘改善,a疲労回復,



-----------------------------------------

 や行

-----------------------------------------


 山芋、長芋・・・ネバネバは、胃を保護して胃炎や胃潰瘍を予防する作用があります。他含まれている成分のデオスコランには血糖値を下げる作用。カリウムは高血圧の予防(便秘改善等の結果)にも有効と言われてます。a整胃腸,a糖尿病,a便秘改善,a高血圧,

山芋は「ヤマノイモ科」に属する芋類の総称で、長芋もこのヤマノイモ科に含まれます。 スーパーでは、いちょう芋やつくね芋といった品種が「山芋(大和芋)」として売られています。 ... 山芋は粘りが強く甘みがあるのに対し、長芋は水分が多く、粘り気は少なめで淡白な味わいです。



-----------------------------------------

 ら行

-----------------------------------------



レタス・・・見た目と食感の通りにレタスは9割以上が水分です。野菜としてのビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群と呼ばれるものやビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、カルシウム、マグネシウム等々は含まれていますが、成分量的に他の野菜のように特にこの成分によってこれが体に良いですよ的なものは少ないとされてます



リンゴ・・・リンゴに含まれるポリフェノール(エピカテキン)は活性酸素を取り除く作用で動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があると言われております。また、カリウムも含まれており、体内の余分な塩分を尿と一緒に排泄する作用がありますので、高血圧の予防にもある程度効果があると言われております。ただ、成分量的には特化したものは以外にないのがリンゴです


-----------------------------------------

 わ行

-----------------------------------------


わかさぎ・・・脂質は少なめですが、各種アミノ酸で構成される良質なタンパク質はしっかり含まれており、体力向上、疲労回復に良いとされてます、また、脂質が少ないので消化吸収がよく、骨も丸ごと食べられるのでカルシウムをおぎなうにも良い食材です。今更ですが、カルシウムは歯と骨にはかかせない栄養素です。疲労回復、免疫力向上、動脈硬化、骨粗しょう症。


 
わらび・・・栄養素的には特にひいでた成文はないもののビタミンB2が含まれており、炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素の代謝を促進する効果がある。食物繊維の効果から便秘改善、便秘改善からの健康地アップに期待


ワカメ・・・ワカメに含まれるアルギン酸には、糖尿病の予防の(血糖値⇨糖質改善)⇨肥満抑制などがあります。人参と同様の抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンCも多く含まれています。a肥満抑制,a抗酸化作用-免疫力,a糖尿病,


 あ行・か行  さ行・た行  な行~


------------------------------






------------------------------

💻 ホーム(繋がらない場合はブログのタイトルからお願いします)

このブログを検索