食材栄養成分 あ行 か行

あ行・か行  さ行・た行  な行~


 あ行

-----------------------------------------

アスパラ・・・アスパラギン酸の源であるアスパラガス、野菜系の中ではビタミンB1、ビタミンB2が多い。またルチンと言う成分も含まれており動脈硬化や高血圧予防に良いとされてます。疲労回復、動脈硬化、高血圧


青のり・・・カリウム効果による、 むくみの解消や予防(むくみからのいろいろな症状予防)、また、食物繊維も豊富に含まれていることから、糖質の吸収を抑える効果があるとされてます。a疲労回復,a高血圧,a動脈硬化,


 あさり・・・ビタミンB12とビオチンの多さは優れもの。ビタミンB12と言う成分は精神を安定させる作用があると言われております。また貧血に悩む方にはヘム鉄が100gあたり3.8mgと比較的豊富に含まれており助けになります。さらにタウリンと言う成分には胆汁酸やインスリンの分泌促進作用があり糖尿病予防改善にも嬉しい一品です。動脈硬化、肝機能、糖尿病、貧血、疲労回復


赤魚・・・魚の中でも低カロリー・低糖質なのがこの赤魚です、成分的にはタンパク質やカリウムを含んでおり、コレステロール値を下げたり老化防止、記憶力低下抑止に良いとされている「DHA」や「EPA」も含まれてます。 栄養効果として、代謝を促進してコレステロール値を低下させて、認知症改善や骨の強化などが期待できます。また、ビタミンAも豊富で、皮膚や粘膜を正常に保つ効果や抗菌的な要素も有ると言われてます。a抗酸化作用-免疫力,a皮膚-粘膜-目,a老化防止,



鮎・・・鮎にはブリやマグロと同じように血液をサラサラにし血中の悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を減らす働きがあるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれています、また、動脈硬化の予防改善に良いとされる成分のビタミンB12や抗酸化作用をもち脳卒中予防に良いとされるビタミンEも含んでます※養殖と天然ものでは数値が違ってきます、免疫力向上、血液サラサラ、動脈硬化の予防、


アボカド・・・ビタミンに関しては抗酸化ビタミンだけではなく、ビタミンB群も豊富に含まれております。特にビタミンEは多く老化予防や認知機能の低下抑制に効果があるといわれてます+ミネラル類のカリウムに関しては果物類の中ではトップクラスの多さです。カリウムといえばナトリウム(塩分)を尿と一緒に排泄してくれる作用があり、高血圧の予防改善に効果があるといわれております


 アワビ・・・すばらしい栄養素があります。が、高くて買えないので登場するのは今回限りかもです。アワビは良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルを含んでることから疲労回復+タウリンと言う成分により、インスリンの分泌促進や血圧を正常に保つ作用、そして悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用があるといわれてます。a疲労回復,a高血圧,a動脈硬化,


あん肝・・・あん肝には、ビタミンA(レチノール)が豊富に含まれます。ビタミンA(レチノール)は、目の健康にかかせないっ成分で免疫力を上げ感染症を予防する効果があります。そしてビタミンDはカルシウムを骨に運ぶ骨粗鬆症予防に大切な成分です。ビタミンEは強い抗酸化作用で細胞の老化を予防する作用、ビタミンB12は悪性貧血の予防、そしてセレンの抗酸化作用はビタミンEの500倍といわれるほど強力で、老化の原因をつくりだす過酸化脂質を分解します。

 合鴨・・・野鴨とアヒルをかけあわせた鶏です。が、アヒル自体ももともと鴨からの品種改良鶏。鴨はビタミン系が豊富で、中でも細胞の新陳代謝を助け、皮ふや粘膜の機能維持向上に役立つビタミンB2が多く含まれており労回復効果につながるといわれております、ともにカルシウム、鉄分も多く疲労回復や高血圧抑止に役立つといわれております。※鴨とアヒルを別々に見た場合は数値等違います。皮ふや粘膜 疲労回復や高血圧抑止


エボダイ・・・ブリやマグロ等と同じようにドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)を含んでます。ドコサヘキサエン酸と言えば血液をサラサラにし、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧予防に良いとされております。他にビタミンAも含まれており皮膚や粘膜の健康維持、結果的に免疫力を向上させると言われています



 アジ・・・タンパク質はサンマやイワシよりも多く、アジに含まれている良質なタンパク質(アミノ酸)は、体力向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立ちます。また、脂質が少なく消化吸収が良いのも特徴の一つと言えます。脂質が少ないことからダイエット、肥満抑制にもつながるという考え方も有ります。a肥満抑制,a疲労回復,a抗酸化作用-免疫力,


イカ・・・イカに豊富に含まれるタウリンには、インスリンの分泌促進作用があり、高血圧抑止 血中コレステロール低下、善玉コレステロールを増やす効能があります。またリゾチームと言う成分には、抗癌作用や心臓病予防する効果があると言われています。a抗酸化作用-免疫力,a高血圧,a肥満抑制,


 イクラ・・・イクラには多様な栄養素が有りますが、特にビタミンに限って言うと、ビタミンAには目の健康とともに免疫力アップ、感染症予防効果があり、ビタミンB2には脂質の代謝を促進し、動脈硬化や心筋梗塞などの原因の一つとされる過酸化脂質を分解する作用があります。また、皮膚や粘膜の健康を維持する作用があります、ビタミンDは骨粗鬆症の予防、ビタミンEは老化予、そしてイクラの赤い色はアスタキサンチンと言う成分によるもので、強い抗酸化作用があります。a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力,a老化防止,a骨粗鬆症,a動脈硬化,


イサキ・・・ブリやカツオでもおなじみのドコサヘキサエン酸(DHA)、イコサペンタエンサン(EPA)が含まれています。この成分は血中のコレステロールを低下させることによって動脈硬化を予防したり血液をサラサラにする働きがあると言われております、結果的に脳梗塞や心筋梗塞予防とつながっていきます


いわしとメザシ・・・良質なタンパク質の持ち主のイワシは、代謝活動の促進、疲労回復の助け絵をしてくれます、そして血液をサラサラにする、動脈硬化予防、高血圧予防、高脂血症改善、認知症予防と言えばでてくるドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸が豊富に含まれています。a動脈硬化,a高血圧,a老化防止,a骨粗鬆症,
焼魚 めざし


うずらの卵・・・うずらの卵に含まれるタンパク異は、他の鳥が含むタンパク質とは違い、アレルギー反応を起こしにくいと言われております、また、ビタミン類が豊富で、ビタミンA、ビタミンB、葉酸、DHA等も含まれてます。a抗酸化作用-免疫力,



梅干し・・・酸味成分のクエン酸が入ってる梅干しは、腸の働きを邪魔する悪玉菌の抑止、そしてカテキン酸は、抗菌 滅菌力がありこれまた悪玉菌などの増殖を抑止です。腸の働きがが良くなり便秘改善は結果的に血圧の上昇を良くし等の効果も出てきます、a整胃腸,a細菌抑制作用,a便秘改善,


エビ・・・エビは高タンパク低脂肪で、ビタミンEのが多い。良質なタンパク質は、疲労回復、ビタミンEは抗酸化作用を持ち、細胞の酸化を抑え老化予防になります。また、血圧を正常化させる作用を持つタウリンが含まれており血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やします。疲労回復、動脈硬化の予防、高血圧の予防。a高血圧,a動脈硬化,a疲労回復,

枝豆・・・枝豆に豊富に含まれる必須アミノ酸の成分でメチオニと言われる成分は、コレステロールを低下させる作用を持ち、肝臓来たアルコールの分解を手助けし肝臓の保護に力を発揮する優れものです。私のような酒飲みには強い味方です、他に、必須アミノ酸のトリプトファンと言う成分も含まれており、こちらは、精神的安定をもたらす役割や不眠症の改善に効果があると言われてます、a疲労回復,a抗酸化作用-免疫力,a高血圧,a動脈硬化,


エリンギ・・・意外なことにエリンギは芋類よりも食物繊維が多く、便通をよくする特徴があります。さつま芋同様に不溶性の食物繊維は大腸内で水分を吸収する作用から結果的に便通に高作用があるとされております。また、ミネラル系のカリウムも多く含まれており、塩分を体外に排出(尿)するため高血圧の予防改善になると言われております。高血圧の抑止 便秘の改善


エノキ・・・一番の特徴はビタミンb1と言われる成分、ブドウ糖をエネルギーに変換する役割を持つことで疲労回復やだるさ解消につなげます。アミノ酸が含まれており、こちらは高血圧の抑止になると言われてます。a疲労回復,,a高血圧,


大葉(シソの葉)・・・ 大葉は人参以上にビタミンA(βカロテン)の含率が多い、抗酸化作用により老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力の向上、肌の健康維持、発がん抑制作用、a皮膚-粘膜-目,a抗酸化作用-免疫力,a発ガン抑止,



 オクラ・・・食物繊維 、ビタミンA(βカロテン)はもちろんですが、他のビタミン成分等も幅広く含んでる優れものです食物繊維(根菜類に多い)は、便秘改善 感染症などに対する抵抗力をつける。ビタミンA・・・体内の粘膜を正常に働かせる力、免疫力向上には必須!オクラのネバネバ、胃の粘膜を保護したり、消化を促進。また、には、余分なコレステロールや腸内の老廃物排出(水溶性食物繊維のペクチン)作用a便秘改善,a胃腸障害,a抗酸化作用-免疫力,a動脈硬化,

えんどう豆・スナップエンドウ・・・このえんどう豆(今回使ったのはスナップエンドウ)にはタンパク質、食物繊維、カリウム、カルシウムなど大切な栄養素が入ってます。ビタミンCに関してはトマトの4倍の量を含んでおり、免疫力、美肌等々総合的な体内バランスを保つ効果があるとされております。a皮膚-粘膜-目,a便秘改善,a抗酸化作用-免疫力,


 オリーブオイル・・・主成分とされるオレイン酸は一価不飽和脂肪酸です。この不飽和脂肪酸は、コレステロールを減らす作用があると言われ、俗に申します悪玉コレステロールを減らす仕事をします、結果的に動脈硬化抑止⇒心筋梗塞・脳梗塞・高血圧など、生活習慣病の改善につながるとされてます


-----------------------------------------

 か行

-----------------------------------------


牡蠣・・・牡蠣が素晴らしいと言われる中でに貧血予防改善が有ります。これは下記が持っ成分の中で銅を豊富に含んでるという事です。銅が不足すると体内に鉄が十分に足りていても、ヘモグロビンが生成されない為に貧血が起こりやすくなります。他にはタウリンという成分も豊富に含んでます。タウリンには血圧を正常に保ったり血糖調整、悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす等の効果があると言われてます、疲労回復、免疫力向上、皮膚や粘膜、貧血、血糖値調整、


 カイワレ大根

大根の栄養はもとよりβカロテンが多く含まれているのが特徴です。βカロテンと言えばビタミンAの代行をしてくれる栄養素で、目、皮膚などの健康維持に力を貸してくれます+消化酵素のジアスターゼやオキシダーゼというものを含んでいるので、消化促進剤の役割を果たします。また、大根の辛み成分のイソチオシアネートには、ピロリ菌の育成を抑制したりする効果もあります。消化促進 細菌抑制 他総合的な整腸役の仕事をします。


 カレイ・・・カレイは、良質なタンパク質の持ち主で、疲労回復、免疫力アップにありがたい食材です。脂質が少なく消化吸収が良いことも特徴に上げられます。また、ビタミンB群のビオチンという成分が多く含まれており、皮膚の健康を保つ効果があるとされております。a抗酸化作用-免疫力,a皮膚-粘膜-目,a疲労回復,


カツオ・・・タンパク質の多さで有名な魚です、良質なタンパク質には、体力の向上、疲労回復、代謝活動の促進、免疫力を向上させる働きがあります。そしてビタミンB群・・・代謝活動に欠かせないといわれております、その中のナイアシンという成分は血行をよくする作用のほか、循環系・消化系・神経系の働きを促進する作用、二日酔加減?アセトアルデヒドという成分を分解します。そしてよく聞くDHA、は抗血栓作用や血液をサラサラにする作用があります。疲労回復、動脈硬化の予防、高血圧の予防、二日酔いの予防(これは・・・酒の量によると思いますが)aストレス精神安定,a抗酸化作用-免疫力,a胃腸障害,a高血圧,a動脈硬化,a疲労回復,
生のカツオのたんぱく質が100gあたり25gに対し、かつおぶしは100gあたり77gと鰹節の方が高く、リン、カリウム、ビタミン、ミネラルなどもたっぷり含んでます、動脈硬化予防等の生活習慣病の予防にはとても重宝な食品と言えます


 カブ・・・カブの根、消化酵素のジアスターゼやアミラーゼにより、食べ物の消化・吸収を助ける作用があります。葉には、ビタミンA(βカロテン)はもちろんのこと各ビタミンが多様に含まれてます、特にビタミンC、ビタミンK、が多く含まれており、抗酸化作用による動脈硬化抑止や免疫力アップ、健康な皮膚と粘膜強化作用があります+ビタミンKによる骨粗鬆症予防にも作用します、免疫力向上、動脈硬化の予防、高血圧予防、骨粗鬆症、皮膚、発がん抑止等。


かぼちゃ・・・カボチャには、抗酸化作用 βカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富。このビタミンにも病気や老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫活性作用、生活習慣病の予防、風邪の予防、老化防止、発がん抑制作用などに効能があるとされてます。



カニ・・・高タンパク低脂肪のカニは、ビタミンB2も多く含まれております。アルギニンと呼ばれる成分などのタンパク質は、疲労回復、滋養強壮、免疫力アップ+ビタミンB2は動脈硬化や心筋梗塞抑止につながると言われてます。これは過酸化脂質を分解する成分作用によるものです。


カマス・・・特別に多いというわけではないのですが血液をサラサラにするといわれているエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が認められております、中でもDHAの含有量はか比較的多く、DHAの持つ作用である抗血栓作用や血液をサラサラにする作用には効果があるといわれてます。動脈硬化の予防、悪玉コレステロールの低下、高血圧の予防


カリフラワー・・・カリフラワーに多く含まれているカリフラワーのビタミンCは抗酸化作用、免疫活性、皮膚と粘膜の健康を維持する働き、抗ストレス作用があります。そしてカリウムは体内の余分な塩分を排泄してくれるので、高血圧予防に効果的と言えます。aストレス精神安定,a高血圧,


カンパチ・・・カンパチは良質なタンパク質の持ち主です。良質なたんぱく質と言えば、体力向上⇒免疫力アップの仕事をします。それとともにブリなどに多い多価不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)は多く含まれています。DHAと言えば、認知症抑止や動脈硬化の予防、高血圧の予防等の効果があるといわれております。そして高血圧抑止として排尿時に塩分も排出するとされるカリウムも多く含まれております、免疫力向上、動脈硬化の予防、高血圧の予防、




食用菊・・・食用菊は薬膳料理の食材の一つでもあります、ビタミン群が多く、抗酸化ビタミンのひとつビタミンEも多く含まれています。ビタミンEと言えば活性酸素のはたらきを抑え老化や免疫力低下を抑止するとされて得ます。


菊芋・・・イヌリンと呼ばれる成分が含まれております。このイヌリンは消化によってオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖になり、糖尿病の改善に役立つと言われてます、またカリウムが豊富に含まれており、塩分を排泄し、高血圧の予防改善につながります。a糖尿病,a高血圧,a抗酸化作用-免疫力,a発がん抑制,a動脈硬化,a骨粗鬆症,a高血圧,


 牛肉・・・牛肉は人間に必要な必須アミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富に含まれています、その中でもヘモグロビン(血液の成分)を作るために欠かせない鉄分、貧血に見られる血の不具合を改善するために必要なヘム鉄、食肉はその吸収率が高いと言われてます。貧血はもとより冷え性の改善にもつながると言われてます。またカリウムも多く含まれていることにより塩分を排出する役割も果たします。aストレス精神安定,a抗酸化作用-免疫力,a疲労回復,a皮膚-粘膜-目,a貧血,a冷え性,

牛すじ・・・牛すじのコラーゲンは高たんぱく低脂質ゆえに筋肉を強くする作用があります。またビタミンB12やビタミンKが豊富に含まれてます。ビタミンKはカルシウムと同じ様に骨の働きに関与する性質で骨を丈夫にする役割があると言われてます。そして血液凝固因子を活性化させ、止血作用力も有ると言われます。a整胃腸,a骨粗鬆症,


 キュウリ・・・キュウリには驚くくらいとびぬけた特徴ある成分は含まれておりませんが、水分の多さが特徴と言えば特徴の一つです。薬膳的には夏の火照った体を冷やし食欲につなげる効果があるといいます、理屈的に言えばカリウムと言う成分が汗などによって失われてくると疲れやすくなったり食欲不振になったりします、キュウリはそれを補う効果があるという事になります。またカリウムと言う成分は塩分を体外へ排出する為、血液をサラサラにし高血圧防止につながるともいわれてます。高血圧予防


 キムチ・・・栄養的にはかなりの優れものです。とうがらし、ニンニク、生姜等々、そして発酵食品です。基本になるこの3食品の詳細を書くと大変なので、ザックリ書きます、3食品は下記の五十音別に載っております。ニンニクの動脈硬化の抑制、中性脂肪の抑制からはじまり唐辛子は血流を良くする効果や冷え性改善、生姜も同様に動脈硬化抑止、疲労回復とつながります。a動脈硬化,a冷え性,a疲労回復,a抗酸化作用-免疫力,

 

 キャベツ・・・キャベツのビタミンC、抗酸化作用、免疫力の向上、ストレスへの抵抗力を高める作用。また、薬局でも売ってるキャベジン、この名前が表すように胃腸薬にも配合されているビタミンUが豊富。aストレス精神安定,a抗酸化作用-免疫力,a整胃腸,


 クラゲ・・・クラゲ自体は水とタンパク質でできているので健康キーワードのビタミンは無いと同じです。テレビで見たことが有るかもしれませんが、クラゲを扱う漁師さん(加工する方含む)の肌が奇麗なのはコラーゲンが関係するとか・たぶんそうかもしれませんが、このことに関しては実証となると難しいそうです。ただクラゲ自体は漢方にも出てきますが体のむくみ改善や便秘改善となってます a皮膚-粘膜-目,a便秘改善,



クジラ・・・鯨肉のビタミンAは牛肉や豚肉と比べても多く含まれており、動脈硬化を防ぐ力成分はマグロやブリなどよりも多く含まれており成人病の予防に有効とされてます。そしてプルンプルンとした食感はコラーゲン、化粧品でおなじみの美肌効果有りとされてます+鉄分が体内に吸収されやすい成分となり貧血にも有効とされてます。a抗酸化作用-免疫力,a動脈硬化,a貧血,a老化防止,


 昆布・・・昆布にはアミノ酸が豊富に含まれていて、血圧を下げる働きがあります、そしてカリウムは体内の余分な塩分を排泄してくれるので、高血圧予防改善につながります。また、コンブに含まれるアルギン酸と言う成分は、血糖値抑制作用、糖尿病予防改善、肥満防止、整腸作用などがあると言われてます。と、フコイダンと言う成分の絡みで発がん予防につながっているとも言われております、高血圧、動脈硬化、糖尿病、整腸作用、肥満防止、便秘予防改善、発がん予防


小松菜は・・・ビタミンA(βカロテン)、ビタミンCには抗酸化作用、活性酸素の抑制作用、免疫力活性作用、疲労回復、があります。また、ビタミンKも多いので、骨粗鬆症対策にも効果有りとされてます。a抗酸化作用-免疫力,a骨粗鬆症,a疲労回復


 こんにゃく・・・こんにゃくに含まれる水溶性中性多糖のグルコマンナンは、ダイエットに興味がある方は知っていると思いますが、胃の中で水を吸収し何十倍にも膨れ、満腹感が得られるという性質があります、これは太り過ぎない為と言う見方から生活習慣病予防につながります+腸の働きを促進させる作用も有り、便秘の改善にも効果があります。グルコマンナンは血中コレステロールや血糖値を下げる作用もありますので、これまた生活習慣病の予防につながっていきます。肥満防止、血中コレステロールの低下、血糖値低下、生活習慣病の予防


 ごま油・・・ごま油の成分であるリノール酸は、コレステロールを下げ、血液もサラサラにしてくれます、動脈硬化・心筋梗塞の予防などさまざまな生活習慣病の対策に良いとされます。そしてビタミンEは血行を促進し、冷性改善。 強い抗酸化力も持つため老化防止となっていきます。a老化防止,a動脈硬化,a抗酸化作用-免疫力,a貧血,a冷え性,


 ごぼう・・・ごぼうに含まれている水溶性食物繊維のイヌリンは動脈硬化予防、高血圧予防、血糖値抑制作用があると言われており、不溶性食物繊維のセルロースは整腸作用、便秘改善、整腸作用により大腸がんを予防する効果がると言われております。ゴボウやゴボウの実は漢方薬として解毒作用や鎮痛作用があるとなってます。a整胃腸,a糖尿病,a肥満抑制,a便秘改善,a発がん抑制,a動脈硬化,


 ゴーヤ・・・ゴーヤの苦味成分であるモモルデシンとチャランチンには血糖値を下げる作用と胃液の分泌助長、さらに血液循環をよくする作用があります。a整胃腸,a糖尿病,a動脈硬化,


コノシロ(コハダ)・・・良質なタンパク質が豊富です。と、言えば、体力向上、疲労回復、免疫力向上があげられます。また、ミネラル類ではカルシウムと鉄が豊富です。カルシウム・鉄分と言えば骨粗しょう症の予防と貧血改善に優れているという事になります、a抗酸化作用-免疫力,a疲労回復,a貧血,a骨粗鬆症,

-------------------------

あ行・か行  さ行・た行  な行~

------------------------------




📝 食材の栄養成分一覧

------------------------------

💻 ホーム(繋がらない場合はブログのタイトルからお願いします)