秋汁って感じ|鮭鍋 炒め物2種類 明太子

鮭は汁でも旨いね

今日のメニューは、秋らしい具材を入れた粕汁(の予定が味噌汁)、キャベツと鶏肉の塩ダレ炒め、豆腐とナルトのニンニクごま油炒め、そして明太子です。とりあえずミニコーナーで粕汁とは<(_ _)>ウィキペディアさん⇒粕汁(かすじる)とは、酒粕を加えて煮込んだ日本の汁物料理。 起源詳細は不明であるが、兵庫県神戸市など酒粕が流通する酒造地域では一般的な料理である。意外にも米どころで酒造や酒蔵の多い東北では食べる習慣がない。代わりに自家製の麹が大量に入っている味噌で味噌汁を作る家庭が多く、匂いや風味が粕汁に近い家庭も存在する。との事です。粕汁を作る時は煮込んだ具が柔らかくなったら酒粕を入れて馴染んだら(アルコールが飛んだら)味噌を入れて風味を出すのが一般的なのですが、今日は、食べる人間に粕汁が大丈夫か聞いてなかったので自分の分だけ小鍋に取って作り食べました。味噌汁でも鮭の良い出汁が出て美味しいのでとりあえず味噌汁って感じで作っちゃいました。赤魚の粕漬が食べられても汁となると?作った後に食べられず具材全部捨てるのもちょっとシャレにならないので秋汁という事で一品、豆腐とナルトのニンニク炒めはナルトが賞味期限切れになる前に使ってしまおうと考えていたので、白に赤の渦巻きで彩で炒めてみました。ナルト自体特に強い味は無いのでばっちりです。あとはみそ汁がメインみたいなものなので醤油系ではなく塩だれで鶏の野菜炒めです。明太子はこのメニューの色とご飯のおかずにピッタリのような感じがしたので一品にしました。


鮭鍋 炒め物2種類 明太子

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 秋汁 炒め物2種類 明太子

 材料 この前残った豆苗も使います

材料

酒粕を水に溶いて準備

 秋鮭のアラとして180円で売っていた鮭

鮭

 最初からほぐして使うつもりだったので皮は引いて


 軽くボイルしてほぐします


具材の一つ ハス

ハスを切る

 絹揚げは油抜き

絹揚げの油抜き

 絹揚げはさいの目に切ります

絹揚げを切る

根菜系の具材 人参とゴボウ ダイコン

根菜系の具材

 根菜系に火が通ったらネギのぶつ切り


 ナメコは軽く塩もみ

ナメコ

 ほぐした鮭を入れて味噌を投入

鮭を入れて味噌を投入

 鶏肉を炒める

鶏肉を炒める

キャベツ ニラを入れて塩ダレで味付け

 キャベツとニラを入れる

 鶏肉入り野菜炒め完成

鶏肉入り野菜炒め完成

 豆腐を炒める 鷹の爪 ニンニク  豆腐に小麦粉を振って焼いた方がモチモチすると思います。私はこちらの方が好きなのでそのまま

豆腐を炒める

 ナルトと豆苗を入れて

ナルトと豆苗も入れる

豆腐炒め完成

 明太子をつけて今日の献立

今日の献立



た何か作ります、遊びに来てくださいね

クッキング爺 ホームへ

------------------------------------------

私の他のブログです