海老の握りイタリアン いい感じだと思うのですが

 今日はエビの握りですが、背中にちょい野菜をのせてみました。もしかしたら食べたら普通にボイルしたエビの方が旨い?かもしれませんが、このサイトで普通に握ったイカやマグロをのせても面白くもなんともないので・・・

せっかく「誰でも取れる」薬膳のお勉強をしたので、無理を承知で、少しは関連づけてページを作りたいと思います。


海老の栄養成分

エビ・・・エビは高タンパク低脂肪で、ビタミンEのが多い。良質なタンパク質は、疲労回復、ビタミンEは抗酸化作用を持ち、細胞の酸化を抑え老化予防になります。また、血圧を正常化させる作用を持つタウリンが含まれており血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やします。疲労回復、動脈硬化の予防、高血圧の予防。


海老の握り エビイタリアン

海老の握り

今回は握るのでまっすぐになるように海老に串を刺してボイルです

できるだけ身と皮の間に刺します、身に直接刺すと、

ボイル後に身がしまり、抜けにくくくなります

エビに串を刺す

これは別の時の画像です

沸騰した湯に入れて再沸騰+5つくらい数えて出来上がり

一応確認のため触ってみてください

そして今回は上に具をのせるので背中(普通は腹側)包丁を入れました


トマトと玉ネギを刻んで+

青いのは冷凍のインゲンをちょい切ってボイルです、

インゲンは色だけの役割です

そして超微量ですがイタリアンドレッシングです

のせる具材

最後にパセリをのせても良いですね・・・インゲンではなく

海老の握り

 <(_ _)> ここから下は握りのページ共通です


画像はマグロですがこんな感じです

①最初はお団子状に丸めてのせます

刺身にご飯をのせる

②ちょっと誇張してますが、お団子状のご飯を崩します、中央に空気を入れるためですが、下記に続きがあります・・・

ご飯に穴を空ける


③ご飯が下で具が上になるように、上下を反転させます、慣れてきたら右手でご飯と具を持つ感じでひっくり返出ると思いますが、ご飯がばらばらになるかもなので、②をカットしてそのまま、お団子状のご飯と具を転がす感じで返したほうが上手くいくかもしれません

握って形を整える

④左手の親指を折り、握りの先端にそえます

⑤右手の人差し指と中指を具の上にのせ、親指で寿司の前、人差し指と中指で幅と形を整えます、

⑥握りの前方(親指にある面)と後方(手前)をくるっと前後向きを変えます

これを何度か繰り返していけば形になると思います

両手がふさがってるので写真を撮るには限界が・・・・・

海老の握り

------------------------------






------------------------------

💻 ホーム(繋がらない場合はブログのタイトルからお願いします)

このブログを検索