久々に・・・これは新鮮なアジだと思った 刺身だね

  久々にスーパーで新鮮なアジを発見したので刺身です。

スーパーで刺身用や生食用と書いているアジで1尾が150円前後のものは冷凍物で解凍したアジだと思って間違いないと思います(絶対ではないですよ、スーパーさんによって仕入れルートがあり直買い等して安く売っているところもあると思います)

ぱっと見でこれは新鮮と思うのはやはり目と肌と言うか皮の光、おろしていて、あ、っと思うのが、とりあえず包丁を入れた時の身の弾力性もありますが、骨を抜くときの身の弾力性、身がしまっていて小骨をしっかりと包んでる感じがわかります。いかにも抜くといった感じですが冷凍はスッと取れる感じです。

刺身的には薄切り厚切りはお好みで生姜もワサビもお好みですね、今回はちょい厚切りで生姜です

鰺の栄養成分

タンパク質はサンマやイワシよりも多く、アジに含まれている良質なタンパク質(アミノ酸)は、体力向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立ちます。また、脂質が少なく消化吸収が良いのも特徴の一つと言えます。脂質が少ないことからダイエット、肥満抑制にもつながるという考え方も有ります。a肥満抑制,a疲労回復,a抗酸化作用-免疫力,


鰺の刺身

これは新鮮なアジです。目も黒々してます

鰺アップ.


鰺

画像が出てきたので載せます。これが一尾150円の生食 刺身にどうぞと売ってる鰺です

とても同じ魚とは思えません


もどります・・・おろします

鰺

ギザギザの部分を取ります、包丁を浮かせるようにして

尾から頭方向へ動かしていくと取れます

ゼイゴを取る

頭を落として腹を少し切ってワタを取り洗います

頭を切り落とす

腹から尾へ包丁を骨の上を滑らせるようにして入れます

腹から尾へ包丁

今度は尾から頭へ包丁

尾から頭へ包丁

最後に真ん中でつながってる骨と身を切り離します

包丁を真ん中に当てる

これで2枚おろしです。片方には骨がついてます

2枚おろし

腹皮を取るときは、一度包丁を逆さにして下から上へ入れます

そして逆にして浮いた皮に包丁を入れて上から下へ、

できるだけ身を残して切り落とします

腹皮を取る

骨を取ります。指で腹から尾へ動かすと骨が指に当たります

骨抜きで引っ張ると取れます。中型大型魚の場合は抜けないので

包丁を真ん中に入れて2分割にします。いずれ書きたいと思います

骨を抜く

最初に指で皮と身の間にちょい隙間を作ってから

包丁を逆にし、皮を引っ張る力7、包丁を送る力3、

動かすと意外に簡単に取れます

鰺の皮を取る

綺麗の取れました

おろしたあじ

後は切って食べるだけです

鰺の刺身 見ての通りギトギトの脂はありません

鰺の刺身

------------------------------





------------------------------

💻 ホーム(繋がらない場合はブログのタイトルからお願いします)