里芋とイカの煮物は家庭料理だね|イカと里芋の煮物 ホッケ焼き 鶏肉炒め煮 もずく

里芋は煮物の主役

今日はとても美味しかった献立の一つのような気がします。里芋とイカの煮物の煮汁は先日作ったタラの煮物の煮汁を使ってなかなか美味しかったです。残念なのがイカ、生のイカがイッパイ500円位と高かったのでボイルしてあるイカを使ったのがちょっと残念と言えば残念、気持ちイカの味が薄かったような気がします、が、美味しくできた煮物でした。ホッケは焼くだけ( ´艸`) 鶏の炒め煮は鍋用の固形スープを使って作りましたが、これが思った以上に美味しかったです。具はチンゲン菜と人参と鶏だけですが、鍋用の白湯スープの味が良くちょっとだけごま油を足しましたがご飯にのせてごっくんでした。それにしても以前に比べて調味料と言うか〇〇の素商品の数の多さは凄いですね。上手に使えばとても便利だしいろいろな使い方があるような気がします。で、きょうの夕食


イカと里芋の煮物 ホッケ焼き 鶏肉炒め煮 もずく

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 里芋とイカの煮物 ホッケ焼き 鶏肉炒め煮 もずく

 材料

材料

 このまえの煮物の煮汁を利用

タラの五目煮
煮汁

 里芋のかわをとって普通は一口大に切るとなるのでしょうが、あまりにも形が美味しそうなので切らずに丸のまま煮ました

里芋

 イカと人参も投入


 自分で言うのも何ですが、旨そうです

( ´艸`)


 次は鶏肉の炒め煮、

チンゲン菜を硬い部分と葉の部分に切り分けます

チンゲン菜

 この固形スープがなかなか旨い、

書いてある通りに水180cc


 水炊き用の鶏肉を炒めて

鶏を炒める

 チンゲン菜の硬い部分から鍋へ

チンゲン菜を炒める

 仕上がるちょい前に葉の部分を最後に投入

チンゲン菜の葉を炒める

 白湯スープの素を投入


 香り付けにごま油を数滴で完成

炒め煮の完成

 ホッケは焼くだけ

ホッケを焼く

 ホッケ焼き完成

ホッケ焼き完成

 今日の夕食でした、あ、

もずくは付いているお酢を入れただけです


冷蔵庫整理のカレー ウインナーを入れると良い感じでコクが出ますね

ウインナーカレー旨い

今日のカレーセットの材料は、ウインナー4本、と定番の玉ねぎ、ジャガイモ、人参です。買ったものはダメになる前に何かに使って料理です。まあ冷凍と言う手段もあるのですが、冷凍してしまうと冷凍したこと自体忘れて(爺)気が付いた時には冷凍焼けというかパサパサっぽく感じて捨てるパターンが多い(私の場合)業務用冷凍庫のようにマイナス18度等の冷凍庫なら大丈夫なのでしょうが家庭用の冷蔵庫は昔に比べて性能が良くなったとは言え冷凍力は弱いので早めに使わないとだめですね。って事で今日のカレーセット

カレー しまちょうの塩タレ焼き 野菜スティック

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 カレー しまちょうの塩タレ焼き 野菜スティック

冷蔵庫にあるもの材料 使いかけの肉

材料

野菜スティックの材料は、、、大袋の安い野菜です

キュウリと人参

切っただけのサラダスティック

野菜スティック

本当は自分で酒の肴にしようと買ってきた牛モツのしまちょう

カレーだけではちょっと寂しいのでセットに参戦


普通にカレー作りです。豚小間切れと鶏肉を軽く炒めて

肉を炒める

野菜類を切って肉を炒めているフライパンに投入、全体に油が回ったら水を入れて茹でます(普通のカレー作り)ウインナーは冷蔵庫有った4本、投入です。ウインナーを入れるとコクが出ます


あとはカレーの商品説明に従って火を止めて

ルーを入れて、また弱火で10分で完成です

カレー完成

ウインナーが良い味を出してます

カレーライス

牛モツのしまちょうは一度下茹でして

牛モツ下茹で

本当は野菜スティックで食べようと思ったのですが、

あまりにも硬いので温セロリ

セロリ

茎の部分を先に投入(ちょっと熱を入れるだけです)


葉の部分を投入


この次の画像が消失

牛モツを炒めて塩だれで味付け完成です

牛モツ完成

今日の夕食でした

今日の夕食はカレー

秋汁って感じ|鮭鍋 炒め物2種類 明太子

鮭は汁でも旨いね

今日のメニューは、秋らしい具材を入れた粕汁(の予定が味噌汁)、キャベツと鶏肉の塩ダレ炒め、豆腐とナルトのニンニクごま油炒め、そして明太子です。とりあえずミニコーナーで粕汁とは<(_ _)>ウィキペディアさん⇒粕汁(かすじる)とは、酒粕を加えて煮込んだ日本の汁物料理。 起源詳細は不明であるが、兵庫県神戸市など酒粕が流通する酒造地域では一般的な料理である。意外にも米どころで酒造や酒蔵の多い東北では食べる習慣がない。代わりに自家製の麹が大量に入っている味噌で味噌汁を作る家庭が多く、匂いや風味が粕汁に近い家庭も存在する。との事です。粕汁を作る時は煮込んだ具が柔らかくなったら酒粕を入れて馴染んだら(アルコールが飛んだら)味噌を入れて風味を出すのが一般的なのですが、今日は、食べる人間に粕汁が大丈夫か聞いてなかったので自分の分だけ小鍋に取って作り食べました。味噌汁でも鮭の良い出汁が出て美味しいのでとりあえず味噌汁って感じで作っちゃいました。赤魚の粕漬が食べられても汁となると?作った後に食べられず具材全部捨てるのもちょっとシャレにならないので秋汁という事で一品、豆腐とナルトのニンニク炒めはナルトが賞味期限切れになる前に使ってしまおうと考えていたので、白に赤の渦巻きで彩で炒めてみました。ナルト自体特に強い味は無いのでばっちりです。あとはみそ汁がメインみたいなものなので醤油系ではなく塩だれで鶏の野菜炒めです。明太子はこのメニューの色とご飯のおかずにピッタリのような感じがしたので一品にしました。


鮭鍋 炒め物2種類 明太子

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 秋汁 炒め物2種類 明太子

 材料 この前残った豆苗も使います

材料

酒粕を水に溶いて準備

 秋鮭のアラとして180円で売っていた鮭

鮭

 最初からほぐして使うつもりだったので皮は引いて


 軽くボイルしてほぐします


具材の一つ ハス

ハスを切る

 絹揚げは油抜き

絹揚げの油抜き

 絹揚げはさいの目に切ります

絹揚げを切る

根菜系の具材 人参とゴボウ ダイコン

根菜系の具材

 根菜系に火が通ったらネギのぶつ切り


 ナメコは軽く塩もみ

ナメコ

 ほぐした鮭を入れて味噌を投入

鮭を入れて味噌を投入

 鶏肉を炒める

鶏肉を炒める

キャベツ ニラを入れて塩ダレで味付け

 キャベツとニラを入れる

 鶏肉入り野菜炒め完成

鶏肉入り野菜炒め完成

 豆腐を炒める 鷹の爪 ニンニク  豆腐に小麦粉を振って焼いた方がモチモチすると思います。私はこちらの方が好きなのでそのまま

豆腐を炒める

 ナルトと豆苗を入れて

ナルトと豆苗も入れる

豆腐炒め完成

 明太子をつけて今日の献立

今日の献立