100円のウナギのタレでアラ煮|ベーコン野菜炒め 山芋 ぶた味噌汁

ウナギのたれ風醤油

今日は途中でメニュー変更ばかりしていたら全体写真は無いし山芋の画像は消してしまうしドタバタ調理でした。なぜ途中でメニュー変更したかと申しますと、一番最初の予定はカンパチのアラを鰻のタレで蒲焼風にしようと思いました、カンパチのアラを切っているうちに、何となくイメージがわかなくピンとこなくてカンパチのキムチ汁(大根やニンジンを入れて)に変更、後は山芋、サラダ、ベーコン野菜炒めのはずでしたが、カンパチのアラがあまりにも身が厚く脂が有りこのままキムチ汁にするのはもったいなくなり急きょ普通のアラ煮に変更、ところが大根はすでに乱切りにしてあるし、結局、最初の鰻のタレで蒲焼風にメニューを再々決定。結果は半分成功で半分失敗と言う所です。カンパチの蒲焼風は鰻のタレを絡める感じで作ったのですが、一つ目を口にした時に「これは旨い」と思いましたが、食べてるうちに「何か物足りない」と感じました。これはタレ以外使ってなかったのが原因、もっとカンパチに醤油やみりんでしっかり味を付けて、最後にウナギのタレを絡めて山椒の粉をかければ全く違う一品になってた気がします。次にやってみたいと思います、題名にトン汁では無く「ぶた味噌汁」と書いたのは、普通の味噌汁で具が豚と大根と人参そしてネギだけで、よく言うトン汁とは別物です。ベーコン野菜炒めは冷蔵庫の中のベーコンが賞味期限(過ぎていた( ´艸`))食べます( ´艸`)。


100円のウナギのタレでアラ煮

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 アラ煮 ベーコン野菜炒め 山芋 ぶた味噌汁

 材料

材料

 カンパチのアラ

カンパチのアラ

 冷蔵庫から賞味期限切れのベーコン 鶏細切れの肉


鶏細切れを炒めて野菜炒めつくり


 ベーコンはこの後に入れて野菜炒め完成、

カリカリベーコンが好きな方は最初に焼いてください

野菜を炒める

味付けはバター醤油

ベーコン野菜炒め

カンパチのアラ

お好みの大きさに切ります。これは食べないという部位は捨ててください。(お好みですが、骨とヒレ、ウロコ以外は食べられます)


ボイル、生臭さを取ったりアクを取るだけではなく、

 火を通すことで細かいウロコが取れます。

カンパチボイル

 蒲焼風にフライパンへ油をひいて中弱火、火入れをすると言うよりはタレを絡める為の作業と言った感じです。上のボイルで魚に火は通ってると思います

フライパンで火入れ

100円のウナギのタレ?、味見をしました?買った事はありませんが、ぶり大根のタレとか煮物の素とかとあまり変わらない?

ウナギのタレ

 炒める焼くではなくフライパンを動かして絡めるです。身をフライパン返し等でかき混ぜるとバラバラボロボロ、ツナ缶?( ´艸`)の様になってしまいます
そして最初に書きました通り、もっとカンパチに醤油やみりんでしっかり味を付けて、最後にウナギのタレを絡めて山椒の粉をかければ全く違う一品になってた

カンパチとタレを絡める

 鰻のたれカンパチ完成

カンパチアラ煮完成

野菜は豚肉の味噌汁に決定、材料の中に豚肉の写真はありませんが、冷蔵庫から仕入れ


 豚肉の味噌汁完成、七味か一味唐辛子をパッとふって( ´艸`) 意外に旨い 俗に申します「とんじる」ではございません、豚肉のみそ汁です 豚肉、ネギ、大根、人参

豚の味噌汁完成

 最初に書きました通り山芋の写真は撮り忘れで

前に作った山芋画像 味噌味の山芋


そして、最後にいつも載せる出来上がりの全体写真も取り忘れで今回はありません
今回はドタバタ的夕食でした。

100円のウナギのタレでアラ煮 ベーコン野菜炒め 山芋 ぶた味噌汁

季節ですよ~|新サンマ塩焼き 刺身豆苗和え 豚キャベツ焼き カボチャ

塩焼きには大根おろし

今日は新サンマの塩焼きがメイン、見た目はちょっと小さいと言うか痩せてるなと思いましたが、なかなか脂がのっていて旨かったです。特に生サンマ(刺身)と豆苗を和えたものはなかなか旨かったです、サンマの油と豆苗のちょっとピリッとしたところが妙にあってて、これは発見でした。後は豚バラとキャベツを焼肉用の塩だれで炒めました。サンマで十分ですが、ご飯に合うおかずとして豚バラとキャベツ、他に余計なものは入れずにこれだけですが、塩だれで炒めるとなかなか良い感じの甘みがでて旨いおかずになります。後は、サンマに付き物の大根おろし、かぼちゃは冷蔵庫にあったので使っちゃおう的な事で一品追加です・

季節ですよ~|新サンマ塩焼き

夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 新サンマ塩焼き 刺身豆苗和え 豚キャベツ焼き カボチャ

 材料 サンマは4本焼き用 2本刺身用

材料

とりあえずかぼちゃを煮て

かぼちゃを煮る

塩をふってサンマを焼く。飾り包丁(斜めに包丁を入れたりいろいろ)
は必要ないと思います。腹わたもそのままで焼いて、苦い人はその周辺部分を残せば良いと思います。どこかに包丁を入れて焼くとせっかくの美味しい脂が流れ出てしまう気がします(個人的な話です)商売で綺麗に見せる為なら話は別だと思いますが、。

塩を振ってサンマや起

 2本は刺身に、刺身におろす下の画像は前回の物です、料理を作りながら写真を撮るのは結構大変です。特に刺身系は手をしっかり洗わないとカメラが生臭くなってしまう
手がベタベタなのです ( ´艸`)

サンマの刺身  頭と内臓を取り除いて

新サンマの刺身

 途中カットですが、3枚におろして腹わたを取ります

新サンマの刺身

 骨抜きで小骨を取る、、、

毛抜きでもいいですが( ´艸`)


しっかりというか大きなサンマだと皮をひいても銀色の背が綺麗に残るのですが、、、

鮮度が悪くてもなりやすいですが、このサンマは鮮度が悪いわけではありません

包丁の背の方でひきますが、

どちらかというと包丁はあまり動かさずに

皮の方を引っ張る方が上手くいきます、 

途中で切れたら手でお願いします

新サンマの刺身

 皮をひいたら斜めに左右から包丁を入れて、、、

別に入れなくてもいいですよ

新サンマの刺身

以上が前回のサンマ刺身の画像

 豆苗はちょっとだけ火を通す感じです。おひたしにも行かないくらい、本当に硬めの状態で水にさらして旨いです

豆苗を軽くボイル

豆苗が完全に冷たくなったら和えます

豆苗とサンマを和える

 サンマの豆苗和え完成、

お醤油をちょっとふって食べましたが想像以上に旨かった。

サンマの豆苗和え完成

 サンマの塩焼き完成


 最後に豚バラとキャベツを塩だれで炒めます

豚バラを炒める

 大きめに切ったキャベツを入れて炒め

「焼き肉用の塩だれ」で味付け

大きめに切ったキャベツを入れる

 大根おろしを忘れずに( ´艸`)

大根おろし

 出来上がりの全体像ですが、

フラッシュをつけたのですが、奥が暗くなって


 とりあえずこんな感じです。

なかなか美味しい晩御飯でした

新サンマ塩焼き サンマ刺し豆苗和え 豚キャベツ塩だれ焼き カボチャ

エビの作り方 下ごしらえ

一度覚えると便利


エビ

エビボイル

沸騰したお湯に入れて

再沸騰する直前位が旨いと思います

ボイルしすぎると身が固くなりおいしくありません


エビボイル

真っすぐ形を付けるときは串を刺してボイル


エビには背ワタと言うものが有ります。

通常はボイル後、殻を取ってから背ワタを取ります
(天ぷら等の場合は先に撮ります)

お寿司のように腹側を切って背を残す場合は

腹側を切って背ワタを取ります

後で画像を撮って貼りたいと思います

下記は殻の背側から取ってますが、

このまま炒めるためにそうしました

背w他を取る



殻を取って洗ってから塩水に漬けると

軽く塩味もついて美味しくなりますよ

エビを塩水へ

エビを使った一例で、下記はすべて

背側を切ってワタを出してあります

(まだあると思いますので再度掲載します)
エビ餃子鍋

シチュー皿


エビ焼き完成

こちらは小エビをボイルしたもので

エビと玉子の炒め物

最初からボイルしたエビよりも

冷凍でも解凍してボイルした後に食べると旨いです

エビ玉完成