cookingjj|クッキング爺 サイトポリシーと自己紹介

【プライバシーポリシー】

当運営サイトには、google社による広告サービスを利用しているサイトがございます。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(もちろん、氏名、住所、メール アドレス等は含まれません) を参照することがあります。


---------------------------------------

私の料理ポリシーは「家庭料理は思い出」

栄養素・・・全てが免疫力アップに繋がるという事ですね

サイトのテーマは料理レシピです。酒が進む、ご飯が進む料理を作ります。

いちおう薬膳に関して下記にザックリと難し気な感じで書きましたが、栄養バランス的には、高血圧の人は高血圧抑止の食材でエノキが良いからエノキを使ったこんな料理が有りますよ、や、ブリやカツオはDHA、抗血栓作用があるので動脈硬化の予防、高血圧の予防に良い等々です。

あえて和の薬膳と書きましたのは・・・ニンジンやほうれん草に含まれているビタミンA=βーカロチン⇨免疫力を付ける為には不可欠な栄養素です。その栄養素を何倍も含んでいる薬膳食材・漢方食材があります。が、日常の生活でそのような食材を使い(高価の食材も多々)健康維持は一般的には難しいかと思います、ならば日常の生活で普通に買い物できる食材で少しずつですが補ってみようと思います。と、言っても普通に作ってる煮物や焼物には十分含まれてます。それをもう一度認識して何か作ってみるのも料理の楽しさが増すと思います。

陰と陽・・料理も陰と陽で成り立つと思います

揚げ物を食べれば胃の負担を和らげるサッパリしたものが食べたくなったり、脂ののったサンマを食べれば消化に良い大根おろしに箸がいったり、お酢だけでは胃に負担がかかるのでちょっと砂糖が入った三杯酢等々全てそれぞれの部分を補う裏表、陰と陽のバランスで料理も健康体も成り立ってると思います。

陰と陽



簡単ではございますが、自己紹介でございます

ブログ設置のプロフィールと同文でございます

cookingjj、クッキング爺と申します。東京都三鷹市生まれ 1959年生まれ、家族に顔だけは出さないでと言われたのですが、イラストは描けず、自己紹介でフリーのイラストを使っていたのですが、他の方のサイトで同じイラストを見て・・酔った勢いで?3年1月30日(62歳の誕生日)、家で写真撮って顔出しちゃいました。

料理歴、30年前に料理関連の仕事をやめてから料理の仕事はしておりません

興味が有って薬膳の勉強、資格は持ってます・・・が、金にはなってません
( ´艸`) って笑えませんが・・・

夕食の献立(セット)は夫婦共働きの私たちが、仕事の休みが合った時に作った夕食を載せてます、で、私思うんですが、料理って独身の時に行った定食屋さんやコンビニの弁当、結婚した時のどうにもならない料理や4人になった時等々、その時々の思い出がいっぱいつまってる気がします。遠い記憶ですが子供の頃に食べたおかずは覚えてる気がします。美味しいのは確かに嬉しいですが、家庭料理は思い出として大切にしたいと思います、で、ブログの変なタイトルになりました

また何か作ります・お時間がございましたらお立ち寄りいただければ幸いです。

--------------------------------------------------------------------------

下記はザックリ薬膳とは? 

( ´艸`)

ここから下は能書きです。興味が無い方には

<(_ _)> 

ホームへ

--------------------------------------------------------------------------

薬膳・・東洋医学(中国)・日本では漢方の呼び名から学ぶ病気を予防改善する為の食事

漢方薬・・日本で健康保険の対象となったのは1976年 昭和51年

貝原益軒・・中国薬膳の流れから養生訓という書物を江戸時代に出した人

未病・・未病と言うキーワード 病気ではないが体調が優れない

薬膳料理・・自然治癒と予防、日常の食を通して体の健康を考える

心身一如・・これは心と体は密接につながっている事を意味する言葉

免疫力向上・・病気の予防と改善、すべてはここへつながっている

医食同源・・薬食同源とも言える、日常の食事と健康は同源とみる

気・血・水・・人の体、薬膳の基を意味する健康キーワード

陰と陽・・宇宙の万物は相対する陰と陽で成り立っている事を食とつなげる

--------------------------------------------------------------------------

気・精神を含むエネルギーを意味する

血・字のごとく血液を意味する 体の循環作用

水・字のごとく水分 人間になくてはならない水分調整

専門的には各キーワードが再分類されますが、ここではザックリ

気(精神的エネルギーを含む)が乱れると息切れ、めまい、食欲が無い、イライラ、怒りっぽくなるが見られ、肉体的には喉の異常や胃炎的な痛みを感じる

血・これも物理的な血が栄養や人間に必要なものを循環させるだけではなく、薬膳的には精神的なエネルギーをも循環させるという意味も持ちます。血が乱れると目がかすむ、立ち眩み、肌荒れ、肩こり、こむら返り(俗に申します、こむら返り)頭痛、生理不順等が起こります。

水・飲む水も有りますが、ここでは食材に含まれている栄養素も意味します。水が乱れると、手足がむくむ、乗り物酔いがしやすい、胃がむかつく感じがする、手足がほてるような症状等々がでてきます

--------------------------------------------------------------------------

陰と陽 春分(4月)~秋分(10月)を陽、秋分~春分を陰とします

陰とは夜を意味する言葉・・暗いをはじめとして一般的にはマイナー的なイメージを表すことが多いです。性格的にも冷たく内向的を意味します。体としては下半身、腹側、臓器、冷え性、脈が遅いを意味します(この辺はマイナーとは言いませんね)。

陽とは陰とは逆に昼・明るいを基調とするプラス思考的な発想です。社交的で明るい性格を意味します。体的には上半身、背側、皮膚や筋肉、熱っぽさ、脈が速いも意味します

これがなぜ薬膳と関係するかと申しますと、この陰と陽の真逆を持つ性質のバランスがとれているときは病気が起きないとされてます。陰が不足しているときは陰に良い食材を補い、陽が不足しているときは陽を補う食材を取るという事です

--------------------------------------------------------------------------

五行説・陰と陽と同じように万物を分類する用語です。文字の通り五つに分けます。

五つとは、木・火・土・金・水で、日曜と月曜はありません(冗談です)

それぞれ意味を持ちます

木は樹木を意味し、伸びる、広がるという意味

火は炎を意味し、熱く盛り上がる

土は字のごとく土を意味し、育てるを意味します

金は党名を意味し、純粋なものを体内に送り込む(日常の金とは真逆?)

水は文字の通りで、潤す、長洲の意味を持ちます

それがなぜ薬膳とつながるかと申しますと

体と味覚にも五行を当てはめた考え方となるからです。下記は一つの行を除いたものですが、簡単に書きました(一つの行とは情です)

木は酸味 肝 胆 目 筋肉 〇火は苦味 心臓 小腸 舌 脈 〇土は甘味 脾臓(リンパ器官) 胃腸 肌肉 〇金は辛味 肺 鼻 皮膚 〇水は鹹味(塩分) 腎臓 膀胱 耳 骨

これも陰と陽にそれぞれ不調の部分を補っていく食材を取る事で健康を保つとする考えにつながっていきます

それに加えて最初のキーワード「気・血・水」にも当てはめてます

気は肺と脾臓 血は肝臓と心臓 水は腎臓

--------------------------------------------------------------------------

最初に書きました通り、要は予防や改善に必要な食材を取るということでございます。

当サイトは料理レシピと効果と言われる文言をのせていきます。


---------------------------------------








---------------------------------------

○サイトポリシー