料理メモ-37 イカの耳をクルッと丸める方法 ゲソ料理

 ちょっと前に作った料理と重複するところもございますが、最近スーパーでイカのげそが、「天婦羅やフライに最適!」と書いて良く売ってるので、天婦羅・フライ以外を書きます。

これは技術も何もいらない作業です。ちょっと包丁を入れるだけで出来上がりは全く違う見栄えになります。

お肉と真逆ですじ部分に包丁を入れると奇麗に丸まります。

ボイルして生姜醤油、そのまま醤油七味バター焼き、そのまま煮物にもこれを使うと奇麗に見えます。


これは多めに入っていたのですが半額の149円

イカゲソ

広げて包丁を入れます

イカゲソ

耳を裏にして真ん中に走ってるスジ(軟骨)を

切断するように軽く数か所包丁を入れます


ボイルの場合は塩を入れた沸騰した鍋に投入

沸騰で入れて再沸騰する直前が目安です

入れた瞬間にくるくるっと丸まります

茹ですぎると硬くて甘みも無くなります

イカげそボイル

一度ザルに開けて水で冷やすか

熱々のまま生姜醤油でも旨いですよ

熱々の場合はやけどに注意です

こんな感じです


炒める時も包丁を入れてから炒めると

耳の部分はくるくるっと丸まります

包丁を入れた後に切り目に直角に切って炒めると

小さな輪のようになります。

海鮮パスタ等にも有りです。

下記はげそを使った一例です、

200円位だったら是非お試しください

イカゲソたれ(甘タレではなく単に生姜醤油でも旨い)

イカゲソ甘ダレ和え完成


イカバター焼き


料理メモトップ

さて、明日は何を作ろうかな・・・

クッキング爺

🔴トップページ(料理一覧やテーマ)

---------------------------------------------------

週3~4回更新してます

暇な時にでも見て頂ければ幸いです


このブログを検索