イナダ ブリ 他中型魚のおろし方 さばき方

アジ イワシ さんまはこちら


下記の魚はイナダです、ブリの小型と言うか地方によって多少呼び名が変わりますが出世魚と言われるスーパーではお馴染みの魚です。ちょい大型のブリになると家庭の包丁ではちょっと大変かもしれません。俗に申します出刃包丁がないとかなり厳しいかも知れません

イナダのおろし方1

イナダのうろこは、台所の中で水をかけながら尾から頭に向けて包丁やうろこ取りを使うと、うろこが、あっちこっち飛ばないので良いですよ

イナダのおろし方2

 包丁をひれの所から入れて骨が切れるまで

サクッと入れます。当然骨があります。

あまりにも硬くて包丁が入らないときは

少しずらすとすぐに入ります。

骨と骨の間の柔らかい所、

関節と同じ感じの軟骨に入ります

間違っても指を切らないでくださいね

イナダのおろし方3

そして ひっくり返して同じように

骨が切れるまでサクッと包丁を入れ

イナダのおろし方4

 頭を落とします。

本当は頭を落とす前にはらわたを切っておくと

頭と一緒に腸も取れます

下の絵はそのようにした後で写真を撮ったので

頭も腸も奇麗です

イナダのおろし方5

 本体部分は骨の上を

包丁を滑らせるように先に腹から尾へ

イナダのおろし方9

 次に反対にして尾から頭へ、

そうすると俗に申します2枚おろし
(片方に骨が付いている)

イナダのおろし方10

 もう半身から骨を同じようにおろすと、

身が2枚と骨で3枚おろし

イナダのおろし方11

 身の方の腹の部分の薄皮を取ります

骨に沿って取るのですが

ちょっと面倒かもしれません

イナダのおろし方12

このようになります

イナダのおろし方13

 身の真ん中の骨を包丁で頭から尾へ切りながら取ります。

イナダのおろし方14

そして皮を取ります

イナダのおろし方115

 これで魚のおろしは終わりです。

後はお好みの大きさに切って食卓へです


アラ煮やカマ焼きに使う部分  頭の部分


 ひれとカマの部分に分けます。

左の部分を焼いたものが居酒屋さん等にある

カマ焼きです

イナダのおろし方6

アラ煮などにする場合は細かく切っていきます。 カマの部分は半分に切ります。頭と言うか顔の部分は口の部分に包丁を入れてまっぷたつにするのですが、包丁をはずすと手を切ってしまいますので要注意です。ちからが入っているときに包丁をはずすとシャレにならないことに成ります

イナダのおろし方7

こんな感じです

イナダのおろし方8


夕食の献立 献立レシピ 飽きない献立 イナダのキムチ鍋 刺身 カルパッチョ アラ煮 骨塩焼き

---------------------------------------