エビの作り方 下ごしらえ

エビの下ごしらえ


エビのイラスト
















エビ

料理に使う時、

エビには背ワタと言うものが有ります。

通常はボイル後、殻を取ってから背ワタを取ります

天ぷら等の場合は先に撮ります

お寿司のように腹側を切って背を残す場合は

腹側から背の方までしっかり包丁を入れて

背ワタを取りますが、

手を切らないように気負付けて下さい

後で画像を撮って貼りたいと思います

下記は殻の背側から取ってますが、

この場合は殻付きでこのまま炒めるためにそうしました

背w他を取る


こちらはボイルする前に殻を取って背ワタを出したもので、

天ぷら等の下ごしらえはこんな感じです

エビの下ごしらえ

殻を取って洗ってから塩水に漬けると

軽く塩味もついて美味しくなりますよ

エビを塩水へ

エビを真直ぐに茹でる

ちょっと知ってると、サラダやエビを使った料理の時に便利なので書きます。

お寿司屋さんなどでは握るために当たり前にまっすぐにゆで上げます。手法は全く同じで串を刺してボイルします。

コツは3つだけです。

①串は殻と身の間に刺す。身に刺すとゆであがった後に串が荷けにくくなります。見た目も串の跡が付きます

②沸騰したらエビを入れて、再沸騰したら3つか5つ(4つでも良いですよ)数えて出来上がりです。茹ですぎると硬くて美味しくありません。

③ゆであがったらすぐに水で冷やすことです。殻も取りやすくなります。

後は背中のワタを取って食べて下さい

ゆであがったら

背中のワタを取って下さい

画像は茹でる前ですが

(天ぷら等の場合)

サラダなどに使う場合は

ゆであがってから取って

水(塩水でも)洗いです

背w他を取る

こんな感じになります

エビサラダ


真っすぐにする必要が無い場合は

そのまま沸騰したお湯に入れます

(できればお塩を入れて茹でて下さい)

再沸騰する直前位が旨いと思います

ボイルしすぎると身が固くなりおいしくありません

ボイル後は、ザル等でお湯を完全に捨てて

すぐに水で冷やしてください


エビボイル

エビを使った一例で、下記はすべて

背側を切ってワタを出してあります

(まだあると思いますので再度掲載します)

エビチリ

エビチリ完成

エビ餃子鍋

エビ餃子鍋

エビを使った料理


さて、明日は何を作ろうかな・・・

クッキング爺

🔴トップページ(料理一覧やテーマ)

---------------------------------------------------

週3~4回更新してます

暇な時にでも見て頂ければ幸いです


このブログを検索