番外編|31年目のお雛様は、半額ハマグリ+小さな鯛=1000円

昨年、何気に雛人形を見て、子供がいる時は子供が前にいるので雛人形が正面見ていても変に思わなかったのですが、子供もいない(ありがたく嫁・・)、中高年2人前にして正面に座って頂いてもつまらないだろうな?と、思い・・・向かい合わせにして酒を出しておきました。が、去年の始まりで、今年が2回目

あ~~ 特に変な趣味や人形信仰的なものも「まったくありません」

ただ、昔に見たディズニーのアニメのように深夜になって何か話をしているんじゃないかと思える?くらい不思議な気持ちがするんです・・・

( ´艸`)

ちょっと精神的に危ない?そんなこともないと思いますが、500円の鯛と350円のハマグリでおもてなしです

それにしても1年は早いな~ もう1年たっちゃった・・・


31年目の雛人形

鯛とハマグリ+うどん=1000円。うどんの緑色の葉は大葉、薬味です

一応この巻きすの下には大きなお皿が置いてあります(水の受皿)

鯛とハマグリ+うどん

500円の小さな鯛 半額で350円のハマグリ

鯛とハマグリ

塩焼きがお勧めと書いてありましたが・・・

鯛

この画像は違う魚ですが、水を流しながらウロコを包丁で逆なでして取るとウロコが飛び散りません。大きめのボールや鍋に水をためてその中でウロコを取っても同じです

イサキ調理

おろしているところはカットで刺身です、小さいので骨を抜いちゃいました。

異常に白く見えるのはカメラのフラッシュのせいです


鯛

皮に塩を振って熱湯を皮の方にだけかけて皮も食べます

鯛に熱湯

すぐに水で冷やします、本当は氷水かな・・・

水で冷やす

これを切ってお刺身です

もし骨を抜かずに普通に縦半分に切って骨を取り除いていたら、形なかったかも・・・

鯛の刺身

ひな祭りの料理の一つの代表がハマグリなので、ハマグリを蒸します。例によってフライパン蒸し…ふたをします

ハマグリを蒸す

すぐに開きます

ハマグリ

あ、鯛の頭と骨はお吸い物です、味付けは塩+超~超~微量の醤油

鯛のお吸い物

総額千円のおもてなし?です

鯛とハマグリ+うどん

来年もお待ちしておりますってことで・・・

本当に変な趣味は無いですよ~ 念のため・・・

次は普通に夕食を作ります

この料理はちょいおいて私の酒の肴・・・


昨年は角瓶・・・・

30回目のお雛様 晩酌セット

これは今年です・・・ちょっと・・・あやしいふんいき

31年目の雛人形

------------------------------






------------------------------

💻 ホーム(繋がらない場合はブログのタイトルからお願いします)

このブログを検索